大手不動産屋の利点と欠点

大手不動産屋の利点と欠点


大手不動産屋の利点と欠点
"コンビニや本屋さんなどで販売をしている賃貸情報誌などに掲載されている物件には良い物件が多くあります。
ただ一つ気を付けたいのが、それら情報がお客さんを呼ぶおとりの情報ということも考えられるので注意しましょう。大手不動産屋は店内も明るくなっており、さらにテレビや雑誌などでも知名度がありその安心感から入りやすくなっています。
大家さんから直接依頼をもらっている物件や、多くの不動産屋で抱えている物件などを紹介してくれます。
大手不動産屋というのは、紹介することの可能な物件の数がとっても多くなっているのが特徴と言えるでしょう。
ノルマ制の大手不動産もあり、物件探しをしている人に対して強引な営業をしてくることもあるので、注意をしましょう。

一度入店をしますと、なかなか帰りづらい雰囲気にされてしまうという大手不動産屋のデメリットがあります。
またもう一つ注意をすることとして、多くの物件数から全ての物件の詳細を把握していない不動産屋もあるのでお気をつけ下さい。"



大手不動産屋の利点と欠点ブログ:07-6-20

今では少なくなりましたが、
オレが子供の頃、
駄菓子屋さんって、街のあちこちにあったんですよね。

オレは駄菓子屋さんに恵まれていて、
家から歩いて5分以内のところに3軒もありました。

まず1軒目には、
おかし、菓子菓子パン、タバコ、切手などが置いてありました。
菓子菓子パンが置いてあったので、
オレの家では菓子パン屋さんと呼んでいました。

このお店では、
1円の飴と5円のようかんをよく買いました。
また、その頃オレの父はヘビースモーカーだったので、
父のタバコをよく買いに行かされたりもしました。

別の1軒は、
おかしよりも、おもちゃなどが豊富でした。
そこでは、銀玉鉄砲の玉とかをよく買いました。

そしてもう1軒の駄菓子屋さんでは、
おかしも買いましたが、
当てもんをするのが好きでした。

しかし、
他の子供が1等や2等を当てているのを見たことはありましたが、
オレは1等どころか2等も3等も当たったことがなく
ハズレばかりだったのを覚えています。

ところで、今は、
1年中アイスキャンディーを売っていますが、
昔は夏しか売っていなかったんですよね。

たぶん冬に売っていたとしても、
家の中が今ほど暖かくなかったので
全く売れなかったのだと思います。

このお店でも、夏になると、
アイスキャンディーを売ってました。

その中には、
当たりくじ付きのアイスキャンディーもありました。

オレはこのアイスキャンディーでは、
当たりを出すことができました。
当たりが出ると、
アイスキャンディーをタダでもう1本もらえるんですよ!

「名糖ホームランバー」というアイスキャンディーも好きでした。
これにはホームランとヒットという当たりがあり、
ホームランだとそれで1本、ヒットだと3本で
1本のアイスキャンディーがもらえたのです。
大手不動産屋の利点と欠点

大手不動産屋の利点と欠点

★メニュー

賃貸物件には敷金が当たり前
無駄では無い!?礼金の使われ方
基本2年間の契約期間
大手不動産屋の利点と欠点
フランチャイズ不動産屋は情報伝達が遅い
掘り出し物件を探すなら地域密着型の不動産屋
自分の希望を不動産屋に伝える
家賃の上限を変えるのは最終手段
窓などの方角は自分の目でチェック
防音設備の影響で届かない携帯電話の電波


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)僕も私も賃貸生活始めたい