賃貸物件には敷金が当たり前

賃貸物件には敷金が当たり前


賃貸物件には敷金が当たり前
"最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。敷金というのは決して物件を紹介をしてもらった不動産屋に支払うというものではありません。
資金を不動産屋に対して支払っているかと思いますが、不動産屋から大家さんに後で渡されています。
敷金というのは、あなたが管理者である大家さんに一時的に預けておくお金ということになります。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分や部屋の修復費として使用されます。

民法で敷金と呼ばれているのは、借り手の債務を担保するということのために、貸し手に渡すものと決められています。
決められていることなので拒否をすることは出来ませんが、最近では資金ゼロの物件も多く出てきています。"



賃貸物件には敷金が当たり前ブログ:29-3-20

終戦直後、
おれたち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
母親とお姉さんとおれの3人で、
父は南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の朝方食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分はお姉さんとおれが食べ、
母親はいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかったおれは、
母親はサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして11時のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていたおれは、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
おれはあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」と母親に頼むのであった。

サツマイモばかり食べている連日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
おれたちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
お姉さんとおれはたまに焼芋にありつけるのだが、
母親は決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつくおれたちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、父も南方戦線から帰って来て
おれたちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

お姉さんとおれにお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていた母親。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかった母親。
母親は一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
母親の仏前に焼芋でも供えようかとおれは思う。
賃貸物件には敷金が当たり前

賃貸物件には敷金が当たり前

★メニュー

賃貸物件には敷金が当たり前
無駄では無い!?礼金の使われ方
基本2年間の契約期間
大手不動産屋の利点と欠点
フランチャイズ不動産屋は情報伝達が遅い
掘り出し物件を探すなら地域密着型の不動産屋
自分の希望を不動産屋に伝える
家賃の上限を変えるのは最終手段
窓などの方角は自分の目でチェック
防音設備の影響で届かない携帯電話の電波


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)僕も私も賃貸生活始めたい